京都 舞妓の茶本舗スタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外へおいしい日本茶を!


先日、今年の4月から入社した、社長の息子(三代目)の歓迎会と夏の慰労を兼ねて

スタッフのみんなでお食事会を行いました!

その様子をリポートしようと思っていたのですが、すっかり話すのに夢中になり、

写真撮るのを忘れていました・・・(ごめんなさい)

なかなか和気あいあいの楽しい会でした!

またこのような会ができるように、がんばっていきたいと思っています!


Maikotea JAPAN

さて話は変わって、

舞妓の茶本舗では、おいしい日本茶をもっともっと多くの方に知ってもらえないだろうかと

ウェブサイトにて、日本語以外にも、英語・ドイツ語・ロシア語のページをご用意して、

全世界へ私どものお茶をお送りさせてもらっています!

約4年前から海外へお茶の販売をさせてもらってまして、いろんな方からご注文を

いただけるようになりました!

そんな中で改めて感じたことは、日本茶ってすごいなぁ!ということです!

 美味しくて、健康にも良くて、文化もある。

 ましてや、人と人とを繋ぐ役割も担うもの。



そんな日本茶を、世界中の人に知ってもらいたいなぁと思う毎日です!

今日も世界のどこかで、舞妓の茶を飲んでもらってたら嬉しいですね!

ぜひお知り合いで、海外の方いらっしゃれば、ご紹介くださいませ~!


舞妓の茶本舗ウェブサイト 英語 ドイツ語 ロシア語

この週末も元気に営業しております!


氷出し玉露の旨み・・・・


今朝は早起きして、なでしこJAPAN 決勝(vs アメリカ)見ちゃいました。

感動!!ほんまに快挙です!!途中何度も、負けると思いながら、

ワールドカップ優勝のシーンを見せてもらえるとは!

朝から興奮気味で、すっかり世間が三連休ということ忘れてしまってました・・・



すっかり熱くなった私ですが、ややクールに氷出し玉露作っちゃいました!

今年の夏は暑いので、おすすめですよ!!
それに簡単にできるんです!

1m.jpg

必要なものは、
・玉露の葉っぱ 6-8g。
・急須(もちろん普段使いのものでOK)
・湯呑み(透明なグラスがおすすめですかね)
・氷(適当)

3m.jpg

1. 玉露の葉っぱ 6-8gを、急須に入れてください!
大さじスプーン(カレーライスを食べるスプーン)に1杯!

4m.jpg

2. 玉露の葉っぱの上から、氷をいくつか入れます!
急須に入るだけ入れてみましょう!

5m.jpg

3. 氷がゆっくり溶けて行きます!
急ぐ時は、お湯を少し注いでください!

6m.jpg

4. 氷が溶けた頃、注ぎます!

7m.jpg

5. 最後の一滴まで注いでくださいね!

8m.jpg

6. 出来上がり!さぁ飲みましょう!


冷たい中にも、玉露の持っている旨味や甘味も堪能できます!

あまりの美味しさに、嬉しくなっちゃいますよ!

玉露のお求めはこちらから

ティーバッグに入った水出し玉露、水出し煎茶のお求めはこちらから


もちろん煎茶でも、同じように味わうことができますよ!

暑い夏におすすめの氷出し茶。ぜひご家庭でもお試しくださ~い!!




暑い夏には!水出し茶!



みなさん!ほんまに暑いですね~。

嫌になるぐらいの暑さ。みなさん元気にされていますか?

こんなに暑いので(関係ある?)、お客さんに「めだか」もらいました!

舞妓の茶本舗本店にいる「めだか」さん!


仕事の合間に覗くのですが、見てると癒されます。

めだかも、なかなか良いものですよ~。

わたしは知らなかったのですが・・・

めだかは酸素を送るぶくぶく(分かります?)がいらないんですね。

今なら本店お越しの際に、めだかがいるので、ぜひ覗いて行ってください!



さて、本題。

暑い夏には水出し茶がおすすめです!

暑い夏には、水出し茶!


質問で意外と多いのが、お茶は水でも出るのですか?というご質問。

答えはYes。

水でもお茶は出ます!

ただ時間はかかるんですよね!

一晩、冷蔵庫でゆっくりと出した水出し茶は、この時期にサイコーにおすすめです!

ぜひお試しください!


ウェブサイト:水出し茶ティーバッグ入(玉露・煎茶)

お中元にも最適ですよ!


自慢の囲炉裏のある店内!!



毎日、毎日ほんとうにジメッと暑い!!

この時期が、いちばん苦手ですが、今日も元気にがんばっています!


前回のブログで、舞妓の茶本舗になって、41年という話をしたんですが、

舞妓の茶本舗という名前になるのと同時期に、お店を守ってくれているのが

このイロリなんです!!

舞妓の茶本舗店内にある囲炉裏
 舞妓の茶本舗 本店にある囲炉裏。
 創業当時からずっと見守ってくれています!ありがとう!



この囲炉裏の周りには座るところもご用意していまして、

ご来店のみなさまに「ホッ」としていただけると、なかなかの評判で、

ついつい長居するわぁ~とお喜びいただけます!^^/

もちろん、囲炉裏で沸かしたお湯で、お茶も味わっていただけます~。

みなさんのご来店を、囲炉裏といっしょにお待ちしておりますね~!!






舞妓の茶本舗の名前の由来・・・!

こんにちは。
毎日暑い日が続きますね・・・
熱中症にならないように、水分補給を忘れずに、適度な休憩もとってくださいね。
今の季節は、水出し茶がオススメですよ!と宣伝もしておきます(笑)



舞妓さん 京都 舞妓の茶本舗ロゴ


さて今日はよくご質問をいただく、

舞妓の茶本舗の名称の由来をご紹介させていただきます!

「舞妓の茶本舗」の名前は、今から41年前の1970年(昭和45年)の大阪万博の年に

お茶の世界で権威ある全国茶品評会で、山下壽一氏の玉露が農林水産大臣賞をもらったのを機に、

一般のお客様にもお茶を販売しようと、覚えてもらいやすくて、

京都らしい名前にと、現在の会長・田宮宏悦が名付けました。



今でこそ、「舞妓の茶」という名称は多くの方に知っていただいているのですが、

当時は、たくさんの方から失笑される名前だったそうです。

今でもそうですが、お茶屋さんの名前って、○○園とか、○○園製茶場って名前が一般的だったんです。

そんな名前が多い中、農林水産大臣賞の表彰式で「舞妓の茶本舗」の名前が呼ばれると、

「変な名前・・・」「お茶屋さんらしくない」なんて陰口を言われたそうです・・・



当初は、そんな名前だったのですが、

今では、たくさんの方に覚えやすい名前ですねとか、

良いネーミングですよね。なんて言われることが多くて、嬉しい限りです!



この「舞妓の茶本舗」の名前が、今後100年も200年も続いていくように、

がんばっていきたいと思います!

みなさまのお力添え、よろしくお願い申し上げます!


※ 水出し茶のお求めは・・・
  http://www.maiko.ne.jp/shopping/water.htm

※ 弊社会長・田宮宏悦(こうえつ)Twitter
  http://twitter.com/#!/kouetsu6633

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。