京都 舞妓の茶本舗スタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉露淹れるのって簡単です!


おはようございます!

8月も今日も最終です。

小学生のころは、明日から学校と言う嫌な日だったことを思い出しますが、

最近はそうじゃないのですね。

近所の小学生も今週の月曜日から学校が始まっているようで、時代の変化を感じますね・・・。


y4
玉露って淹れるのカンタン!


前回のブログでは、玉露作り名人の山下壽一さんのことをご紹介させていただきました。

お客さんから

「玉露の美味しさは分かるんですが、玉露って淹れるの難しいんですよね」

と言われることが多いんですよね。

先日も社長と話をしていたのですが、煎茶よりも玉露の方が淹れるの簡単です。


なぜなら

----玉露はお湯の温度さえ低くすれば良い-----

からです。


玉露を淹れるときの大きなポイントってそこだけなんですよね。

もっと細かく言うと、茶葉の量やお湯の量などありますが、

それは煎茶を淹れる時も同じなので・・・^^;


その点を気をつけるだけで、お茶の持っている旨味や甘味を楽しんでいただけます!

ぜひその点をご注意いただき、日本茶の王様・玉露を楽しんでくださいね~!!


 ≫ 写真で分かる玉露の淹れかた

 ≫ 写真で分かる煎茶の淹れかた

 ≫ 写真で分かる抹茶の淹れかた(点てかた)








スポンサーサイト

山下壽一さんの玉露。


おはようございます!

8月も終盤。

まだまだ残暑厳しい毎日が続きますが、朝晩は秋の気配もしてきましたね。

夏の終わりは、どこか寂しいものです・・・。

あつ~い夏の間は、水出しの冷たいお茶が美味しかったですが、

あたたかいお茶もそろそろ欲しくなってきましたね。

y1.jpg
玉露作り一筋・山下壽一氏


さて前回のブログでも京田辺は玉露の産地として、山下さんの手揉みの技が

テレビにも取り上げられるとご連絡させていただきましたが、

その山下さんのことを簡単にご紹介させていただきたいと思います。


y2.jpg
お茶摘みの時期の風景


まずは作られている茶園の場所はと言うと、京田辺市普賢寺。

弊社からクルマで5分も掛らないところにあります。

山下さんのご自宅も、すぐ目の前にあり、毎日のように茶畑を眺めていらっしゃいます。


プロフィールをご紹介すると長くなるのですが、

お茶の世界で権威あるお茶の品評会において

農林水産大臣賞を述べ18度も!!受賞されていらっしゃいます。

⇒詳しくは 山下壽一氏の豪華プロフィール



p1.jpg
平成3年 天皇皇后両陛下の前で手揉みの技を披露


そんなことも評価いただき、平成3年には天皇陛下さんの前で

手揉みの技も披露されていらっしゃるのです。

y4
この玉露がうまいんです!


その山下さんの作る玉露の味わいというと、

 ・これってほんまにお茶ですか?

 ・お茶の概念が変わりました・・・!!

 ・感動しました!

 ・口の中にずっとお茶の甘味が残っていますね!

などなど絶賛の声がたくさん。


私たちの仕事として、このような素晴らしい玉露のことを知っていただいたり、

味わっていただければと思っております。

日本茶の王様とも言われる玉露の味わい。

あなたは味わったことありますか??



 山下壽一氏の玉露を購入 

 チャコちゃんが山下さんに弟子入り?!

 玉露のおはなし -ちいさなお茶の木-

 京田辺市観光協会作成
 「玉露ファン倶楽部」Facebookにて運営中
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。